白金ディスコのアコースティックカバーについて

Log

400倍パワフルになった最新式を買ってください。

これも恋愛サーキュレーションと同じタイミングで録音した。と思う。なので恋愛サーキュレーションと同じ手法で録音した。と思う。俺も普段「あ、もうネギないわ。」とか考えてるから、過去のことは結構忘れちゃう。

このカバーで覚えているのはMIXのことばかり。トラック数が27ある。27の音を調節していくのが大変だった。恋愛サーキュレーションの方はトラック数5個くらいしかないから思わず「ありがとうございます。」って呟いた。この白金ディスコも初めはものすごくゆるく録音を始めたのだけど、途中からもういいかって思うまで思いついたの全部入れちゃったんだよね。まぁでもMIXして色々分かったし、良い実験材料になってくれた。

何度かラップトップのバッテリーが切れて充電したのは覚えてる。確かフルで充電して照明を最大限落として録音すると4時間くらい持ったと記憶してる。今のモデルはもっと持つのかね。といっても自分の集中力も4時間くらいで限界くるからちょうどよかったんだよね。

今もその当時のMacBookPro使ってるんだけど、だいぶ前にApple社にラップトップのバッテリーを変えて欲しいと電話した。そしたら部品がないので無理だと女性に最大限丁寧に断られた。『お力になれず、申し訳ありません。』なんて言われた。そんなオンボロ使ってないで、400倍パワフルになった最新式を買ってください。少しは人生良くなりますよ。みたいな雰囲気をおくびにも出さない気量の良い女性だった。でもそろそろ買わないとな。俺プロじゃ無いからMacBookPoorみたいなの10円で売ってくんないかな。

オーケーオーケーくだらねぇこと言ってないで買うさ。どうせこれしかやらないんだしさ。

白金ディスコのアコースティックカバー